無担保借入とは

無担保借入や無担保ローンと言う言葉をよく耳にすると思います。無担保ローンとは、金融機関に担保を出さずにお金を借りることをいいます。担保が有ると無いじゃ貸す側にとって気持ち的に全然違います。担保は「保証」なので、もし万が一。何かあった時でも担保があるのでその担保を使って対応できます。が、しかし、無担保の場合は物理的なものは何もないので、お金を貸す相手の「信用」のみになります。そのため、無担保ローンは担保を差し入れる有担保ローンと比べると金利は高くなってしまいます。さらに、限度額や融資期間なども、有担保ローンに比べると設定が厳しい場合が多いです。

 

消費者金融の場合、ほとんどの金融会社が無担保でお金を貸すサービスを行っています。少額のキャッシングだけでなく、長期ローンでも、住宅ローン以外のフリーローンやマイカーローン、教育ローンなど、ほとんどが無担保で借りれるローンになります。担保が必要無い分、お金を借りやすいということがメリットですが、その分どうしても金利が高く設定され、借り入れの限度額は低目、返済期間は短め、というデメリットがあります。その辺は金融会社もボランティアでお金を融資してくれるわけではないのでしょうがないと割り切りましょう。無担保でお金を貸してくれるだけでも、借り手からしてみれば便利で簡単なのでありがたいサービスですね。

 

最近では、この「無担保」に加えて「保証人不要」というところも多く見かけます。「無担保」「保証人不要」に加えて、更に「審査不要」「高額融資」と良いことばかり続く場合は、あまりにも条件が良すぎるので疑ってかかってみると良いでしょう。その金融会社の口コミや評判などを事前に調べて実際はどうなのか、確認してから借り入れすることをお勧めします。